一般左官工事

GENERAL PLASTERING CONSTRUCTION

左官工事とは

建設業における「左官工事」とは、建築物の壁を一般的にはこてを使って塗り仕上げる工事のことです。
モルタル塗り、漆喰塗りなども左官工事のひとつで、左官塗材をつくって塗り上げるまでのすべての作業を現場で行います。
近年の環境問題で、塗り壁左官工事が見直されて注目を浴びています。
下記材料などは昔から長きにわたって使用されており、安全で安心であることが実証されています。

  • モルタル、コンクリート・・・火災に強い(生命・財産を守る)
  • 漆喰(しっくい)・・・調湿作用があり、結露しない(建物を長持ちさせる、カビ・ダニの発生防止)
  • 珪藻土(けいそうど)・・・健康に良い(空気汚染しない、アトピー・アレルギーの予防)

当社の左官工事の特徴

当社では、左官の魅力ともいわれる各種塗材仕上げを得意とし、技術性の高い仕上げと高い「志」を提供させていただくと共に、各種コンクリート工事及び、各種ブロック組積工事までお客様のニーズに幅広く対応させていただいております。

  • 豊かな発想力・・・様々な材料を独自に加工・制作し、お客様の要望にお応えすべく様々なシーンを演出します。
  • 高い技術力・・・技術力の向上を強く意識して日々研鑽しており、技術力には絶対の自信があります。
  • 幅広い対応力・・・一般左官から特殊工事まで、工程を分離せず1社ですべて対応、施工する事ができます。